スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 映画の感想へ
映画の感想

I'm So Happy That I Can't Stop Crying

中年男の虚しさ、喪失感、プライド…
自嘲する寂しい男が前を向く。そんな姿に共感。

名曲揃いのStingですが、その中で最初に私が好きになった曲です。
so〜that構文、皆さん覚えていますか?
「とても〜なので〜だ」ってヤツです(笑)

カントリー風のカラ元気の寂しさが漂うメロディと合わさると最高です。
動画リンクはこちら

Seven weeks have passed now since she left me 
She shows her face to ask me how I am 
(彼女が僕のもとを去ってからもう7週間になる)
(僕がどんな具合でいるのか確かめようと彼女が顔を出す)
She says the kids are fine and that they miss me 
Maybe I could come and baby-sit sometime 
(子供達はみんな元気で僕に会いたがっていると教えてくれる)
(たまには子供の面倒を見てもらえないかという話)

She says, "are you O.K ? I was worried about you
"Can you forgive me? I hope that you'll be happy." 
(彼女が聞いてくる「大丈夫?あなたの事が心配だったのよ」 
「許してくれる?あなたに幸せになって欲しいの」)
I'm so happy that I can't stop crying 
I'm so happy I'm laughing through my tears 
(僕は幸せ過ぎて涙が止まらないんだよ)
(幸せ過ぎて、泣き笑いをしているんだ)

I saw a friend of mine. he said, "I was worried about you 
I heard she had another man, I wondered how you felt about I
(友達とばったり、彼が話しかけてきた。「君の事を心配していたんだ。
彼女に他の男ができたんだってね。君がどんな気持か気になっていたんだ」) 
I'm so happy that I can't stop crying 
I'm so happy I'm laughing through my tears 
(僕は幸せ過ぎて涙が止まらないんだよ)
(幸せ過ぎて、泣き笑いをしているんだ)

Saw my lawyer, Mr. good news, he got me 
Joint custody and legal separation 
(弁護士に会ったら、好人物の彼が吉報を知らせてくれる。
僕の為に共同親権を勝ち取ってくれて、裁判上の別居も成立したということ)
I'm so happy that I can't stop crying 
I'm laughing through my tears 
I'm laughing through my tears 
(僕は幸せ過ぎて涙が止まらないんだよ
幸せ過ぎて、泣き笑いをしているんだ)

I took a walk alone last night 
I looked up at the stars 
To try to find an answer in my life 
(昨夜、一人で散歩に出かけた
星空を見上げて自分の人生の答えを見つけようとした)

I chose a star for me, I chose a star for him 
I chose two stars for my kids and one star for my wife
(自分の星をひとつ選び、妻と一緒になった男の星を選び
子供たちの星をふたつ選び、須磨の星もひとつ選んだ) 
Something made me smile 
Something seemed to ease the pain 
Something about the universe and how it's all connected 
(なんだか微笑まずにはいられなかった
そうすることで何だか苦しみが癒されたような気分になったよ
宇宙に潜む何か、全てがどんなふうに繋がっているのかが
ぼくをそんな気持にさせたんだ)

The park is full of sunday fathers, and melted ice cream 
We try to do the best, within the givin time
(公園は日曜日だけ子供と合える父親で溢れ
至る所でアイスクリームが溶けている 
与えられた時間は限られ、
その中でぼくら父親たちはみんな最善を尽くそうとしている)
A kid should be with his mother, everybody knows that 
What can a father do but baby-sit sometimes? 
(子供は母親と一緒にいるべき
そんな事は誰でもわかっている
となると父親はたまに面倒を見る以外
いったい何ができるというのか?)

I saw that friend of mine, he said, "you look different somehow." 
I said, "everybody's got to leave this darkness sometime." 
(例の友達にまた会ったら、「何だか変ったね」と言われてしまった
「誰だってたまには闇の中から抜け出さなくちゃならないのさ」と答えてやったよ)
I'm so happy that I can't stop crying 
I'm laughing through my tears 
I'm laughing through my tears 
I'm so happy that I can't stop crying 
I'm laughing through my tears 
I'm laughing through my tears 
Posted by taday | comments(0) trackbacks(0)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 映画の感想へ
映画の感想

STING SYMPHONICITY TOUR 2011

ロックとクラシックの融合。
ついにここまで来たSTINGの音楽。
どこまで行くんでしょうか?

以前、all this time…のアルバムを紹介しましが、THE POLICEというバンドでデビューした彼。ロックにレゲエの要素を加えた、斬新な音楽で時代を築いたミュージシャンです。
その後ソロ活動を始め、ジャズ、カントリー、アラビア、とにかく色んな音楽の要素を取り入れて新しい音楽を作り続けています。
数年前からクラシックに取り組んでおり、昨年発表したアルバムSYMPHONICITYでは、往年の彼の名曲をオーケストラでリメイクするという試みを成功させました。
今回はそのアルバムをメインにした、各国オーケストラ楽団と回る世界ツアーです。

2011年1月19日(水)日本武道館。3日連続公演の最終日。12000円のS席。
平日だけど自分は無職。こんなチャンス二度とないと思い、奥さんの勧めもあり予約しました。
以下、曲目を挙げます。
続きを読む
Posted by taday | comments(0) trackbacks(0)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 映画の感想へ
映画の感想

…all this time(STING)

評価:
Sting
Universal
¥ 180
(2002-03-18)

祝・STING来日。
来る2011年1月、スティングが日本でライブをやります。
先日発売したアルバムSYMPHONICITEIES(シンフォニシティ)を中心に、往年の名曲をオーケストラ編成で演奏するそうです。

私、高校生の頃からのファンで、当時、必死に英語歌詞と日本語訳を交互に読みながら「大人の音楽」に魅了されたのを覚えています。

ポリスというバンドのヴォーカルだった彼ですが、一番有名な曲は…映画レオンの主題歌、「SHAPE OF MY HEART」でしょうか?「Englishman in New York」「Every breath you take」も、知らなくても一度は耳にした事はあると思います。


今回は2001年に発表された名盤、…all this timeをご紹介します。

このアルバムは、2001年9月11日、スティングのイタリアにある私邸で、近しい人、音楽関係者200名だけを呼んだライブを収録したものになっています。DVDも出ていて、そっちの方がお勧めなのですが、まずCDから…。


9.11…米国で起きたあの事件当日です。あの事件が起こった日の夜、冒頭に戦争反対のメッセージを込めた「FRAGILE」1曲を演奏して黙祷。ネット配信予定だったライブ中継はその一曲のみとし、演奏曲や演出を変更してライブを行ったそうです。

On and on the rain will fall like tears from a star 
On and on the rain will say how fragile we are ♪
(いつまでも雨は降り続けるだろう まるで星が涙を流すように
 いつまでも雨は教えてくれるだろう 人がどれほど儚い存在か)
…悲しい曲です。

4曲目のall this time。このアルバムの名前にもなっているこの曲。目の前を流れていく川の流れを眺めながら、お父さんの死を、無常を謳った歌です。
明るい曲調なんですが、哀愁が滲み出てきて、もぉ〜堪りません。名曲です。

All this time, the river flowed 
endlessly to the sea ♪
(この間ずっと川は流れていた 果てることなく海へ)

11曲目、ロクサーヌ、ポリスのデビュー曲。当時パンクバンドだった彼らの曲をカッコ良くジャズアレンジしています。元の勢いある感じもカッコイイんですが、これも捨てがたい。

16曲目、shape of my heart。ご存じレオンの主題歌。短めのアレンジが残念。何回聴いてもカッコイイですよねぇ。トランプのマークをイメージして聴いて下さい。

I know that the spades are swords of a soldier
I know that the clubs are weapons of war
I know that diamonds mean money for this art
But that's not the shape of my heart ♪
(わかっているよ スペードは兵士の剣で、クラブは戦争の兵器、
 この世界ではダイヤがお金だと。でも僕のハートの形とは違うんだ)

18曲目、Every breath you take(見つめていたい)。いつまでも色褪せない名バラードです。アレンジで半音上がって迫力が増しています。メンバー紹介する最後のコーラスが本当にカッコ良くて、胸にグッときます。


ちなみに、DVD版ではDesert Roseが聴きどころです。アラブ出身の有名ヴォーカリストを、あの日にゲストに迎えていた事が、図らずとも非常に意味を持ったと思います。

重い雰囲気から入りますが、聴きやすい曲が多く、このCDを聴けばSTINGにハマること間違いなし。是非聴いてみて下さい。

ライブ楽しみだ〜。


Posted by taday | comments(2) trackbacks(0)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 映画の感想へ
映画の感想

SENSE(Mr.Children)その2

評価:
Mr.Children
TOY'S FACTORY
¥ 2,600
(2010-12-01)

昨日に引き続き、CDの紹介を。

ところで、今回のアルバムはシングル無しで、全曲アルバム曲という新しい試みを行っています。(映画やCMで露出している曲はありますが。)先日公開した曲の収録風景の映画や、apbankの活動も含め、相変わらず色んな事に挑戦するバンドです。アルバムも、マンネリ化しないぞ!という決意を感じさせる作品が毎回必ず入っています。



7、ロザリータ

出ました。ミスチルお家芸!失恋ソング。振られた男の歌です。
「渇いたkiss」が大好きなんですけどねぇ〜。コレもイイです。
そういう時に聴けば私も泣いちゃいますね。
所々に出てくる生々しい歌詞が、逆に涙を誘います。

8、蒼

コレは何でしょう?和?
APバンクの活動が影響しているのでしょうか?今までにない雰囲気です。
全体的に歌詞を詰め込んだ曲が多い中、
この曲は少ない言葉で「自分の身の丈を知らされ」ます。
曲中に流れるあの口笛!強烈に印象に残ります。
いやぁ一気にしんみりされられますねぇ。

9、fanfare

このブログを継続的に読んで下さっている方はご存じかと思います。
私、ワンピースが大好きで。
昨年公開した映画「ワンピース ワールドストロング」の主題歌です。
映画の内容は照準を子供絞った感じで、そこまで入れ込んでいませんが。

まぁ〜早口な曲です(笑)。
イイですよねぇ。ルフィになりたかったあなた。この歌で夢を馳せましょう。

「いつの間にか大人になって 
 うっかりしてマトモになって
 失った宝物を〜探しに行こう〜!♪」

そうなんです。私にとってワンピースってそういうコトなんです。

10、ハル

忙しい毎日の中、フト感じたちょっとした発見、喜び、安らぎ…言われてみればそんな経験、幾つもありますよね。すぐに忘れてしまった、その時に感じていたはずの色んな気持ちを言葉にしてくれています。
なんて上手に表現してくれるのでしょうか?優しい気持ちにさせてくれます。

「カーテンが揺れてる
 背負い込んだものが少し宙に浮かんだ♪」

上手いよなぁ〜。

11、Prelude

前奏曲。上品そうな曲名ですが、POPで爽やかな曲です。

「要らないぜ 荷物なんて
 何も持たないで飛び乗れ!♪」

よし、こっからだ!ロッキーのテーマ曲を聴いた時のような…
そんな元気をくれる曲です。

12、Forever

先日のミスチル映画の主題歌。
お家芸第二弾。
失恋…一歩手前ですかね?
「永遠」という言葉をどう捉えるか…。
いやぁこれも、その状況になったら深〜く突き刺さりそう…。
イイ曲です。



Posted by taday | comments(2) trackbacks(0)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 映画の感想へ
映画の感想

SENSE(Mr.Children)その1

評価:
Mr.Children
TOY'S FACTORY
¥ 3,045
(2010-12-01)

 ミスチルのニューアルバム。
30過ぎのオッサンが発売日に買いに行きました。…習慣なもんで。

仕事が忙しかったこともあって、ここ最近のアルバムは、あまり時間をかけて味わって聴いていませんでした。その事を差し引いても、今回のアルバムはイイと思います。久しぶりに心に響きました〜。

そんなに音楽に精通してる訳ではないので、私のレビューが参考になるかはわかりませんが、1〜6曲目までの感想をちょっと…

1、「I」

ドロドロした雰囲気の曲です。「フェイク」をマイナーな曲にしたような…ネットリとした迫力があります。
自分のダメな部分…欲張り、独りよがり、卑怯…そんな嫌な自分を見つめさせるような曲です。自己嫌悪してる時に聴くとスパイラルに陥るかもしれません。
でも迫力があってカッコイイんです。
一曲目から気に入って笑みがこぼれてしまいます。

2、「擬態」

曲名は暗そうですが、とっても爽やかです。
アルバムのCMでちょっと流れるあの曲です。
無理している自分、心に反して悪い事もした自分。
そんな自分を慰めてくれるような歌です。

「目じゃないとこ 耳じゃないとこを使って 
見聞きしなければ 見落としてしまう 何かに擬態したものばかり♪」

生きていくのは簡単じゃない、素のままじゃなくていい。それでも頑張れ!みたいな。
特に「I」の後に聴くとジ〜ンときちゃいます。

3、「HOWL」

「マシンガンをぶっ放せ」のカップリングに入っていた「旅人」って曲をご存じでしょうか?私はあの曲が大好きなのですが、それと同じような理由でこの曲が好きです。
うまく言えませんが、テンポが良くて、ノリノリで、語呂合わせが利いてて、いやぁイイですよ。真っ直ぐ行けー!みたいな曲です。
オォフリ〜〜ダム!

4、「I'm talking about Lovin'」

テンポの良い穏やかな歌。
ドライブ中に思い出して口ずさみそうな雰囲気です。
オッオ オッオ オッオ♪

5、「365日」

みなさんもCMで聴いてるんじゃないでしょうか?サビの一部分だけですが。今日初めて最初から最後まで聴きました。
どちらかと言うとミスチルのアップテンポの曲が好きな私ですが、この歌はイイですねぇ。いやぁ〜超バラード。「HERO」を超えた名曲です。
プロポーズの歌でしょうか?
思わず普段使わない「素敵」「うっとり」なんていう形容詞がハマってしまいました。
素敵な歌詞です(照)
自分の結婚式の前にこのCDが出ていたら絶対使ってました。

6、「ロックンロールは生きている」

ラジオで既に公にされている曲らしいですね。曲名の通りロックンロールを感じさせるカッコいい曲です。
ギターが鳴り響き、桜井さんがラップ?を歌います。
バックで流れるギターのメロディがクラプトンの「Layla」に何となく似ている気がするのは私だけでしょうか?ライラって??
とにかくカッコいい!!
ライラライラライラライ ライラライラ…♪

Posted by taday | comments(1) trackbacks(0)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 映画の感想へ
映画の感想

Mr.Children"Split The difference"

 行ってきました!2週間限定、ミスチルのドキュメンタリー映画。
私は高校〜大学時代、ミスチルがバイブルだったと言っても過言でない程よく聴いていまして。
今回、平日に事前予約までしたのですが、大人気で。端っこの席しか取れませんでした。


「収録する風景をドキュメンタリーで記録に残す為」そんな趣旨だとなんとなく聞いていましたが、冒頭から、この映画をどう固めていくか、そんな打ち合わせ風景が流れます。
だんだん、ライブをやり、そこへ仕上げていく風景を撮っていくという形が決まっていきます。

並行してプライベートライブで流す曲の打ち合わせ、収録風景が断片的に流れます。曲は前半はスタジオ収録のもの、後半はライブ映像が流れます。
打ち合わせ→曲→収録風景→曲→打ち合わせ→曲→収録風景→曲って感じで進んでいきます。

ライブ用にアレンジされていく曲達。私が一番好きなアルバム曲が、全く聞いた事のないアレンジで流れた時は感激でした。(It's a Wonderful World のあの曲です。)マイナー曲の独特のカッコよさを味わってニヤニヤしていると、シングル曲がドーンと流れてやっぱこれだなぁ〜!みたいな。ライブの時のような楽しみ。思い入れのある曲が新しくカッコよく生まれ変わっていく様子が嬉しいです。

ファンならまず楽しめる内容です。
結構マイナーな歌が多いし、元歌を知らないとアレンジされていく楽しみもないので、ファン以外にはちょっと退屈かもしれません。ただ、2曲続けて流れる最後のライブシーンは迫力あって誰でも楽しめると思います。超〜カッコいい!!









流れた曲名を挙げたいのですがネタばれになるので
これから観る予定の人は、
↓続きは読まないでください。


続きを読む
Posted by taday | comments(2) trackbacks(0)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 映画の感想へ
映画の感想
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND



落語ってイイなぁと思えるお手軽CD
ダークナイト [DVD]
ダークナイト [DVD]

ド迫力!バットマンビギンズとセットでお勧めです。
クラッシュ
クラッシュ
サンドラ・ブロック
ハッピーエンドとは言えませんが、感動しました。大好きです。
シャイン
シャイン

私が唯一DVDを購入した作品です。是非。
掲示板。ご要望・ご意見、何でも結構です。
ブログ村
ツイッター。映画以外の事をつぶやいています。
点数
Powered by サイトスカウター
googleアナリティックス
PROFILE
LINKS
OTHERS